« Win32デバッグ(12)・・・SEH(Structured Exception Handling) | トップページ | OpenTypeフォントの続き(10)・・・PostScriptアウトライン »

2009年10月26日 (月)

CFF/Type2 Charstring

データベース絡みの事をやっていたのであるが、行き詰まったので、気分転換にちょっと本格的にT2FAnalyzerで要望のあったCFF(Compact Font Format)/Type2 Charstringの解析に向けて、仕様書を読み始めた。

Type2 Charstringというものがグリフのアウトラインを記述してるようであるが、TrueTypeアウトラインのglyfテーブルと違って、CFFアウトラインは一種のプログラムじゃん。このプログラムの実行環境であるType2 Charstringインタプリタもどきみたいなの作らんとアウトラインの形状をラスタライズできそうにもないな(TrueTypeインストラクションほど複雑そうではないが・・)

うーん。

漠然とCFF/Type2の全体のイメージが掴めたので、CFF/Type2の解析部分のプログラミングを開始しました

Cfftype2_2

« Win32デバッグ(12)・・・SEH(Structured Exception Handling) | トップページ | OpenTypeフォントの続き(10)・・・PostScriptアウトライン »

フォント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CFF/Type2 Charstring:

« Win32デバッグ(12)・・・SEH(Structured Exception Handling) | トップページ | OpenTypeフォントの続き(10)・・・PostScriptアウトライン »

自作ソフトウェア

無料ブログはココログ

メモ