« MLang(Multilingual Language)の続き(4)・・・IMLangFontLink | トップページ | OpenTypeフォントの続き(9)・・・インストラクション »

2008年12月25日 (木)

アイコン。

TrueType/OpenTypeフォント解析ツールのT2FAnalyzerのアイコンを変更しました。

Icon

paradlx様より頂いたものです。ありがとうございますwink

そういえば、もう今年も終わりが近づいてきた。振り返ると英語三昧だったような・・・ODBC(Open DataBase Connectivity)のマニュアルから始まって、TrueType・OpenTypeフォントの仕様書、Unsicribe関連の文書、規格化が進んでいる?10進浮動小数IEEE754rの文書、LL(∞)のパーサージェネレータCocoRのマニュアルとDelphiのソースを出力するようにソースの改変・・更には、Windowsで使われてる実行形式のファイルフォーマットPE/COFFの仕様書・・すべて英語だし・・

ODBCは気合入れたので理解がすごい深まった。今更ODBCなんだけど、これを理解することで、JDBCやADO.NETとのつながりも見えてきた。特に、ODBCとJDBCを比較するとおもしろいように似ている。ODBC絡みで、OLEDB(ADOではなくて)もやってみようとしたが、根本的な概念はODBCと変わらず、ただ、インターフェースがWindowsのCOM(Component Object Model)なだけであり、あんま、面白み味がなかったのでキャンセル。TrueType・OpenTypeフォントもT2FAnalyzerの作成を通して、理解が深まった。といってもODBCに比べると範囲が広いので、まだ色々調べていない部分がたくさん残っているがwobbly。10進浮動小数というよりむしろ、多倍長演算についてもアセンブラで組んでみたり。パーサージェネレータというよりむしろ、コンパイラ全般についても適当なスクリプト言語を作ってみたり(作りかけだがdespair)。作りかけのプログラムたくさんあるな・・・

いや、頑張った。けど、新しい事をやるにつれ、前やってた事を忘れていくような・・

« MLang(Multilingual Language)の続き(4)・・・IMLangFontLink | トップページ | OpenTypeフォントの続き(9)・・・インストラクション »

その他」カテゴリの記事

フォント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1497665/39651734

この記事へのトラックバック一覧です: アイコン。:

« MLang(Multilingual Language)の続き(4)・・・IMLangFontLink | トップページ | OpenTypeフォントの続き(9)・・・インストラクション »

自作ソフトウェア

無料ブログはココログ

メモ