« V1.1.0.13リリース | トップページ | V1.1.0.19リリース »

2008年3月12日 (水)

V1.1.0.16リリース

昨日の今日ですが、V1.1.0.16をリリースしました。

「セッション情報」ウィンドウに「自動更新」機能を追加しました。

V11016_1

これによって、情報の自動更新ができます。「更新間隔」には、更新する間隔を秒単位で1-65536の範囲で指定できます。更新される度に、フォーカスが先頭のレコードに移動するので、特定のレコードを監視するには、フィルタ機能と組み合わせて使うと便利です。

例えば、「統計情報」の「enqueue requests」,「enqueue releases」は要求された表・行ロックの合計数、解放された表・行ロックの合計数を表しますが、適当なフィルタを設定すれば、次のように見やすいように監視できます。

V11016_2  

わかりずらいですが、1秒間隔で自動更新させています。

あと、V$SESSION_WAITビューによる「待機中の待機イベント」も表示されるようになりました。

V11016_3

また、「セッション一覧」グリッドから特定のセッションをALTER SYSTEM KILL SESSION文による切断もできるようになりました。

V11016_4

以上こんな感じです。「セッション情報」ウィンドウはだいたい機能を追加したので、他のデータベース管理ウィンドウを追加しよう?かなと。

« V1.1.0.13リリース | トップページ | V1.1.0.19リリース »

DBXInspector」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1497665/39651788

この記事へのトラックバック一覧です: V1.1.0.16リリース:

« V1.1.0.13リリース | トップページ | V1.1.0.19リリース »

自作ソフトウェア

無料ブログはココログ

メモ