« V0.9.0.15プレビュー | トップページ | ふぅ。 »

2007年9月11日 (火)

V0.9.0.15リリース

V0.9.0.15をリリースしました。前回書いたように、他スキーマのオブジェクトのコード補完に対応しました。詳しい内容は前回の記事「V0.9.0.15プレビュー」を参照してください(って、昨日の記事ですが・・)。前回も書いたように、ログイン後、エディタ上で初めてCtrl+Spaceキーなどによるコード補完とパラメータ表示を行うとオブジェクトの一覧など最低限必要な情報を取得しに行くので、ちょっとまたされます。一度読み込むとキャッシュされるので次回は高速です。で、速くなるかは謎ですが、「エディタオプション」ウィンドウの「支援機能」タブに「パブリックシノニムを補完する」や「補完するオブジェクト」オプションを追加しました。

09015_1

「スキーマを補完する」をチェックしないと全く補完が働かなくなるので注意を(このオプション必要ないかもしれません)。また、前回書いたように、definition.xmlを廃止し、キーワードだけを定義するkeywords.txtファイルを追加しました(ついでに、キーワードも増やしておきました。計140個ぐらい)。

09015_2

以上、こんな感じです。最後にパブリックシノニムとその参照先を見るようになったので、例えば、SYSユーザーで接続し、DBMS_OUTPUTパッケージのサブプログラムを補完させると、

09015_3 

のようにサブプログラムが2重にリストアップされます(テーブルに対して列も同様、また、パラメータ表示も同様)が、これは、SYSユーザーがDBMS_OUPUTパッケージを所有して、また同名のパブリックシノニムが存在するからなのですが、このハンドリングはだいたいまとまったので、次回以降のリリースで対応します(一度にテストするのは大変なので・・)。もちらん、他のユーザーで接続すれば、発生しません。また、SYS.DBMS_OUTPUTとスキーマ名を指定して限定すれば、発生しません。

で、正式リリースの準備をするためしばらく大きな機能追加は行わずに、バグ修正や細かい改良を行うメンテナンスモードに入ります。以前書いた「ファイルエクスプローラ」ウィンドウの追加や「データベースエクスプローラ」ウィンドウの非スキーマオブジェクトの対応は仮にバグっても影響が小さいと思うので準備でき次第追加します。ははは。

というか、この3ヶ月飛ばしすぎた・・

« V0.9.0.15プレビュー | トップページ | ふぅ。 »

DBXInspector」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1497665/39651827

この記事へのトラックバック一覧です: V0.9.0.15リリース:

« V0.9.0.15プレビュー | トップページ | ふぅ。 »

自作ソフトウェア

無料ブログはココログ

メモ