« V0.9.0.13リリース | トップページ | V0.9.0.14リリース »

2007年9月 5日 (水)

ちょっと雑談

まぁ、ブログの記事すべてが雑談なのかも知れないが・・

世の中色々なデータベースがあるが、数日前、IBMのデータベースDB2を久しぶりに触ってみた(ちなみに、DB2もOracleと同様、利用制限付きの無償版がある。DB2 Express C)。DBXInspectorが使用しているOracleのOCI(Oracle Call Interface)と同様にDB2にネイティブ接続するAPIとして、DB2 CLI(Call Level Interface)というものがある。Windows環境では、DLL(db2cli.dll)として用意され、APIがエクスポーズされているが、そのDLLの中身を開発環境付属のツールを使って表示してみた。

Db2cli

一番右側の列がエクスポーズされている関数名なのだが、ODBCに詳しい人ならピンとくると思うが、そう、ODBCの関数名と同じなのである。というより、DB2 CLIはODBC規格に準拠したインターフェースなのである。つまり、DB2 CLIをアプリケーション側から単独で利用してもいいし、ODBC Driver Managerを経由して利用もできる。

と、DB2の話になったが、色々妄想しているのである。何をかと言うと、DBXInspectorの開発が一通りすんだら、次は、DB2版DBXInspectorかなと。MySQLやPostgreSQL向けのソフトは見ると既に結構あるので、あまり見かけないDB2版がいいかなと。DB2版は妄想ではあるが、DBXInspectorの新リリース毎にこっそり?リファクタリングを行っているのはそのためでもあったりする。例えば、データベース毎に中身が異なる「データベースエクスプローラ」ウィンドウは、現在、共通のインターフェイスや動作を定義した700行くらいのTDBMetaDataクラスを継承した500行くらいのTOracleDBMetaDataクラスにどの種類のスキーマオブジェクトがサポートされているかなどを問い合わせて、ツリーを構築するように既に実装されているので、後は、DB2固有の部分を実装したTDB2MetaDataを用意して切り替えてやればいいだけ・・みたいなように既になっている。後、エディタの入力支援の部分を似たような作りにこっそり変える予定。

まぁ、そもそもDB2版の需要があるのか・・。GoogleでDB2の情報検索してもあんまhitしないし・・妄想なんだけど、今現在のOracle版のDBXInspectorの開発の合間に、DB2への接続テストのプログラムを作って実験したりはしていたり。

DBXInspectorスクリーンショット:

Main

« V0.9.0.13リリース | トップページ | V0.9.0.14リリース »

DB2」カテゴリの記事

DBXInspector」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1497665/39651838

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと雑談:

« V0.9.0.13リリース | トップページ | V0.9.0.14リリース »

自作ソフトウェア

無料ブログはココログ

メモ