« リリース | トップページ | DBXInspectorの今後の予定 »

2007年7月22日 (日)

V0.9.0.8リリース

DBXInspectorのV0.9.0.8をリリースしました。変更・修正履歴はdbxXXXX.zipを解凍してできたフォルダの中のhistory.txtに書いてありますが、主な変更点はSQLエディタでSQLを読み込み・保存する時に、エンコーディングを指定できるようにしました。こんな感じです。

0908_1

計9種類のエンコーディングを指定できます。日本語EUCを指定する場合には、MLang.dllというDLLが必要ですので、IE5.5以上が必要です。システム既定とは、システムロケールのコードページのことで、日本語版Windowsの場合Shift-JISになるので、通常はシステム既定で問題ないはずです。

で、ちょっとグリッドの操作について一言。SQLエディタのグリッド上で並べ替えやグループ化ができるのですが、並べ替えやグループ化を行うためには、Oracleサーバー上から結果セットを全行読み込む必要があり、デフォルトでは、SQL実行後、グリッドに表示するのに必要な最低限の行しか読み込まないので、並べ替えやグループ化ができません。並べ替え、グループ化を行うには、全行読み込みモードにして、サーバーから全行フェッチする必要があります。全行読み込みモードにするには、下のイメージの赤丸のツールバーのボタンを押します。

0908_2

すると、次のように、グループ化ボックスが現れるので、ここにグループ化したい列をドラッグ&ドロップして下さい。

0908_3

試しに、B列をグループ化してみます。

0908_4

並べ替えは単純に列をクリックします。1回クリックするごとに、昇順、降順が切り替わります。

0908_5

上のイメージでは、わかりずらいですが、列名B、Cの左横に三角矢印がついています。シフトキーを押しながらクリックすることで、何段にも並べ替えできます。

« リリース | トップページ | DBXInspectorの今後の予定 »

DBXInspector」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1497665/39651853

この記事へのトラックバック一覧です: V0.9.0.8リリース:

« リリース | トップページ | DBXInspectorの今後の予定 »

自作ソフトウェア

無料ブログはココログ

メモ