« GetCharacterPlacementの続き | トップページ | Uniscribeの概要 »

2007年6月 4日 (月)

そしてUniscribe

今まで色々やってきたが、Unicodeを使って様々な国や地域のスクリプトを適切に処理するには、どうもUniscribeを避けて通ることはできないような気がしてきた(表示するだけならExtTextOutで十分だと思うが)。で、前々から色々Uniscribeの事を調べているが、いかんせん、ネットを検索しても情報がほとんどない。英語の資料も見てるが、英語をスラスラ読み書きできるわけではないので、遅々として進まない。

とりあえず、国際化の情報として、Microsoftのサイト

の情報を一通り読んでみるといいかも。全部英語だけど。概要を把握するにはお勧めです。

それにしても先は険しそう。

« GetCharacterPlacementの続き | トップページ | Uniscribeの概要 »

Windows」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1497665/39651878

この記事へのトラックバック一覧です: そしてUniscribe:

« GetCharacterPlacementの続き | トップページ | Uniscribeの概要 »

自作ソフトウェア

無料ブログはココログ

メモ